小川です。仮想通過とは、どういうものなのか?を
私なりに解説したいと思います。

一般的な見解は、以下のようになっています。

 

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、
中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・
人民元などの通貨と交換できます。 仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

 

資金決済に関する法律 第二条 5による定義

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

1.物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、
これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、
かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値
(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び
外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって

2.不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を
行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの。

 

このように定義されています。

 

通常のお金のように、紙幣や貨幣など形がある物としての
形が存在しませんので、「仮想通貨」と呼ばれています。

 

尚、ここでは、
楽天Edyやsuica、nanacoなどの
「電子マネー」と同じ物だと連想するかもしれませんが
性質が異なります。

 

一般の法廷通貨と換金性があり特定の国や銀行に依存しないという
特徴があるのです。

 

もちろん仮想通貨は、増えていますが
中には一般の法廷通貨と換金性がなく、特定の国や銀行に依存する
ものもあるのです。

 

そして中には、どこの国や銀行にも換金できなくなった
コインというものもあるのです。

 

おかしなものを購入すると、非常に危険ですし
とくに情報商材業界などでお勧めされているコインなどは
注意が必要です。

 

換金できなければ単なる電子データーになりますので
株が紙切れになる事と一緒です。

 

株と違って仮想通貨は、一時的に取引でなくなって復活の可能性が
0じゃないにしても 相当厄介な問題です。

 

 

仮想通貨は、誰も保証してくれない。

 

一番恐ろしい事で仮想通貨で1番のビットコインであっても
2017年現在では、通過の保証は、ありません。

 

例えば、ハッキングされても、
価値がなくなっても 全てにおいて保証が無いのです。

 

取引所も、万が一のトラブルによる、
コイントラブルなどは、全て保証されない事を前提に使います。

 

例えばサイトが改ざんされてしまい、
何か月もコイン取引ができなくなったり、
悪意のあるプログラムでビットコインを吸い上げられたり
コインの移動でアドレスを間違えたりした場合も
何も保証もないのです。

 

かと言ってもハッキングに関しては、こういうもので予防が可能です。

 

ここに何種類かのコインを保管できます。

 

価値が暴落する事は、防げませんが取引所の
ハッキング被害やバグやトラブルなどは、コインを
取引所のアカウントから出しておけば問題ありません。

 

こちらはアマゾンでも売られています。

http://amzn.to/2spesV2

コイン

 

 

必要のないコインは、取引所に放置するよりUSBに
移動しておくと良いと思います。

 

尚、仮想通貨の移動は、手数料が発生しますので、
ビットコインの価格などのタイミングを見て行いましょう。

 

また注意点の一つとしては、必ず、
「危険なコイン情報」もありますので目を光らせて
情報収集をお薦めします。

私は、メールマガジンを幾つか取って 届いたメールを
見て情報収集をしている事が多いです。

 

例えば、こちらの危険なコイン情報などのメルマガです。

参考にしてください。