小川です。

仮想通貨投資をやられているなら一度は聞いた事があると思いますが、

「ICO(アイシーオー)」と呼ばれるイベントがあります。

ICOに参加すると資産が10倍にも20倍にも増えると言われていて、実際に私の周りでも増えている人が沢山います。

今日はそのICOについて解説してみたいと思います。

仮想通貨のICOとは何か?

まずはICOを知らない方の為に軽く説明しておきます。

ICOとは正確にはInitial Coin Offeringといいます。

簡単に言いますと、「今後あるコインを販売するよ、今なら先行販売で安くするから買わないか?」と言う内容です。

会社が上場する事をIPOといいますが、それを真似てICOと呼ばれています。

仮想通貨の場合は「上場する」と言うのは取引所がそのコインを扱いだす事をいいます。

通常の上場ではその会社の株を取引所が扱い始める訳ですが、ICOの場合はそれがコインになると言う事です。

ICOに参加するにも仮想通貨が要ります。

通常はビットコインですが、最近人気なのはイーサリアムです。

つい先日もステータスと言うコインのICOでイーサリアムが使用され、もう凄い勢いでセールスがスタートしたので、一時イーサリアムネットワークがダウンしました。

それに引きずられてイーサリアムの値段も下がるという事がありました。

元はと言えばそのイーサリアムもスタートはICOで資金調達をしています。

ファクトムと言うコインはICOでスタートしてから今や140倍にもなっています。

それぐらいICOに参加すると巨額の利益を得る事ができるといわれています。

誰でも簡単にICOに参加できるのか?

最近のICOは稼げると言う事が知られてしまい、何も知らない素人までもが参加するようになりました。

そのせいで今までは参加さえすればまず間違いなく購入できていたICOも参加すら出来ないと言う事態が起きてきています。

最近のビッグICOと言えばステータスです。

ステータスはSNSアプリで通貨の送受信を出来る画期的なアプリを開発しており、世界中から注目されていました。

もちろん私も参加しました。スタートは23時でしたが、遅れに遅れ、結局朝の1時スタートになりました。

このICOはイーサリムでの送金しか受け付けていなかったので、誰しもイーサリアムを購入し、一時イーサリアムの値段も高騰しました。

ステータスは一般的な参加方法で「早い者勝ち」です。

コンサートのチケットを確保する時にひたすら電話をかけまくるファンのように私もひたすら「送金ボタン」を押し続けました。

早い者勝ちスタイルの時はいくら送金してもうまく受け止めてもらえないとエラーになって戻ってきます。

私は結局朝4時まで押し続けましたが、結局買えませんでした。

以前では考えられない事です。

以前はICOは1週間から2週間ほどやっていましたが、最近では15分で100億円調達して終了とか15秒で完売と言った事が起きています。

新しいスタイルのシビックICO

ステータスICOの2日後に今度はシビックと呼ばれるプロジェクトのICOが行われました。

シビックは本人認証アプリを世界中に広めているプロジェクトでステータス同様世界中の人が注目していました。

このICOは参加の敷居がとても高く早い者勝ちではありませんでした。

専用アプリをダウンロードしてそれを使って本人確認をしながら参加するというスタイルです。

即ち誰でも参加できるわけではなく、ラインの本人認証のように参加者が一度専用アプリをダウンロードして、そこで自分の携帯の電話番号を入れて本人認証をしないと参加できないのです。

この仕組みがとても難しいので日本人はあまり参加できていないと思い、私はリベンジしました。

が、しかし!結局これも購入できませんでした。

結局のところ今はICOが熱くなりすぎて、大きな資本を持っているところが何人も人を使い購入していますので弱者には勝ち目がありません。

そこでオススメはICOの参加せずに稼ぐ方法です。

参加用の仮想通貨をあらかじめ買っておく

今やどのICOも参加するにはイーサリアムが必須です。

ICOの数日前からイーサリアムはどんどん高値を付けていきます。

ICOのスケジュールはかなり前から公開されていますので、イーサリアムをそれまでに買っておく事をオススメします。

ICOの当日の朝などはとても高値をつけるので、そこで売り抜けましょう。

大型ICOでなくても中型規模のICOでもイーサリアムは高騰します。

ICOに直接参加せずに違うところで稼ぐのが賢いです。

ただし注意点があります。

ICOが終わるともうイーサリアムは用なしとして売ってしまう人が続出し、今度はどんどん安くなっていきます。

従って必ずICOの数時間前には売却してしまってください。

ICOは数時間で終わる事が多いのでもたもたしていると返って損をする可能性がありますので。

 

それでは、小川でした。