小川です。

昨日から2回目の暴落が始まりましたね。

ビットコインがまさかの21万になりびっくりしました。

よく落ちても25万ぐらいまでかと思って買い付けを入れていましたが、もっと低くすれば良かったです。

現在のビットコイン状況はどうなっている?

さてそのビットコインですが、8/1にユーザーが提案していたBIP148に対してどうでるか?と言う事で注目されています。

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)では、ビットコイン分裂に備えてシステムを変更しないといけません。

そこでなんと8/1から1週間の間ビットコインの入出金を停止するという発表しました。

ビットコインが分裂すると、一部の取引記録が失われる可能性があるので、その期間にビットコインの移動などを行うとビットコインがエラーで消えてなくなる事が起こりえるからです。

なので、その間の移動を制限することで、ユーザーの保有するビットコインの消失を防ごうという訳です。

ちなみに売買は出来るそうです。

入金、出金が出来ないだけです。

現在の所BIP148とSegwit2xの状況は、Segwit2xが優勢と見られています。

BIP148は大手マイナーが反対しているため大きな動きはないかな?と言うところです。

BIP148とは何?

BIP148が動き出すと困るのは、マイニングをしている中国側です。

そもそも今回BIP148が導入されるのはビットコインの送金の際にもっとスピードをあげようというのが趣旨です。

我々ユーザーには喜ばしい事ですが、マイニングをしている人からするとそこが飯の種です。

マイニングの連中は誰かがコインを移動させた時に出てくる承認作業を代行して飯を食っています。

ですので、その承認作業がサクサクと進んでしますと仕事がなくなり、報酬が無くなってしまいます。

なので反対していると言う事です。

手数料が高ければ高いほど、マイニングの連中は利益がでるので手数料が減ることは絶対に阻止したい訳です。

その連中の事をUAHFといいます。

UAHFがBIP148を応援しているユーザーに対して「分裂させてしまうぞ!」と脅しているのが今の状況です。

分かり易い図が日経にあったので拝借しました。

なぜ今回の状態になってしまったのか?

そもそもどうしてこんな事になったのか?と言うと、ビットコインでは年末ぐらいから処理が遅すぎるという問題が浮上していました。

確かに土日の夜とかに入出金すると全く動かず、2日後に着金と言う事態が何度もありました。

最近は色んな企業でビットコイン決済が可能となってきたので、より一層遅い気がします。

そして送金手数料が安いのが仮想通貨の売りなのに、それが結構上がってきていました。

もちろん送金手数料は送金の際に自分で設定する事が出来ます。

どこの取引所でもビットコインの送金の場合はデフォルトは0.005BTCです。

これを自分で設定して0.001BTCにする事も可能なんですが、0.001BTCにしてしまうと、ただでさえ遅いのにめっちゃ遅くなります。

そこででビットコインの遅延について、この状況をなんとかせんといかんねと言うのが世界中でおきていたと言う事です。

その解決でまず出てきたのが、ビットコインの開発側が提唱しているSegwitと呼ばれる技術です。

これを導入する事と現在のビットコイン処理速度を2倍に増やす事ができる優れものです。

しかしながらSegwitの技術を導入した場合ビットコインの承認に使われるデーターがネット上を沢山走るので結局遅くなると言う本末転倒の技術だという事が分かってきました。

データーの量が増えるとどうなるのか?

データのやり取り量が増えることでどうなるのか?と言うとマイニングをしている連中です。

彼らは物凄い設備を整えてマイニングをしていますので、今よりもデーター量が増えるとなるとまたマイニング機材を購入しないといけないし、それを設置する場所も、電気も確保しないといけなくなります。

そしてマイニングでは現在世界1位と言われている中国がその影響をもろに受けるので反対しているという訳です。

そこでマイニングをしている連中からSegwitではない別の方法を提案する事になりました。

が、しかし彼らが提案した手法は、これまでのビットコインの仕組みとは全く互換性がない方法で使い物にならなかったのです。

しかもこれまでのビットコインの仕組みを完全にぶち壊してしまいかねない全然異なる仕組みなので使えねーとなりました。

両者は互いの意見を一歩も譲らず、現在の対分裂危機を招いているわけです。

ビットコイン開発者側が推奨しているのがbitcoin coret(通称BTC)
マイニング側が推奨しているのがbitcoin unlimited(通称BTU)

ビットコインが分裂したらどうなる?

では次にビットコインが実際に分裂したらどうなるの?と言うのを解説します。

あなたが現在1BTCを現在所有していたら今後はこうなります。

1BTC=1BTC+1BTU

BTCもBTUも両方とも持たされるという事になります。

これは嫌だと言っても自動的にそうなります。

この処理があるので各取引所は一旦入出金を停止してシステムの仕様変更を行うと言う事です。

この間のビットコインの金額ですが、分裂処理がうまく行けばまた高騰していきますが、トラブルが起きたとか、ビットコインが消えたというニュースが出ればさらに暴落します。

現在の時点で1BTC22万ぐらいになっていますので、18万とかになるでしょう。

私はそれを待って買いに行くつもりです。

以上ビットコインの分裂騒動がなぜ起きているのか?の解説でした。