小川です。

本日23日の14時に無事ビットコインのソフトフォークが終了しました。

13時半ぐらいに一度暴落しましたが、その後例によって反転し、今は30万円前後で安定していますね。

私はいつものようにその波を待っていたので、今回もうまくのれて43000円ほど利益を出せました。

最近はデイトレーダーのようにレバレッジを利用してコツコツと稼いでいます。

毎日5万から10万稼げるので仮想通貨を長期保有しておくのもいいけど、短期売買で稼ぐのもアリだなと思っています。

なんせ私は落ち着きが無いので長期保有だと何もやる事がありません。

そこで退屈なので信用取引を少し始めたのですが、なかなか面白いです。

今までZaifでやっていましたが、Zaifは最近レバレッジが1倍で固定でつまらないのでコインチェックに変えました。

コインチェックはレバレッジが5倍です。

ただし5倍固定なので、Zaifのように自分でレバレッジ具合を変更する事は出来ません。

個人的にはレバレッジ5倍は高いので本当は2倍でやりたいのです。

高くても3倍までかな。

あまりレバレッジが高いとマイナス方向に行った時に精神的にしんどくなってくるからです。

かといってレバレッジ1倍だと基本的には強制決済はありません。

でも現物取引と同じように購入するコインの数だけ費用がかかるのでしんどいですね。

Zaifはロスカットが無いのが売りですから自社の保身の為にもレバレッジ1倍で固定にしているのだと思います。

現在の相場はどうなっている?

話を戻しますが、本日ソフトフォークが無事に終わり、相場にも安心感が出ています。

今までのように好調に上がっていますね。

上がっている原因はこれで8月1日にビットコインの分裂が無くなったからです。

しかし厳密には無くなったとは言えません。

というのも8月1日にはマイナーがビットコインキャッシュと言う通貨を発行するからです。

そして8月1日以前にビットコインを持っている人には漏れなくビットコインキャッシュがついてきます。

ですので、分裂と言えば分裂ですが、価値が下がるわけではなく、むしろ価値が倍になるという感じです。

倍と言ってもビットコインの価値と言う意味ではなく0円でビットコインキャッシュがもらえるので、お得だよと言う事です。

と言っても実際にビットコインキャッシュが上場しないとお得は言えません。

しかし中国では先物ですが、すでにビットコインキャッシュを扱っている取引所がでました。

日本の取引所でも大体の取引所がしばらく様子は見るけど、問題なさそうなら扱うという声明を出しています。

そこで今日はそのビットコインキャッシュって何?と言う部分を皆さんと勉強してみたいと思います。

ビットコインキャッシュはなぜ生まれた?

ビットコインは現在生活の中でも使えるところが出てきています。

ビッグカメラでも使えるし、カフェでも使えるところがでてきました。

しかしビットコインを送金した事があると分かると思いますが、土日や、平日の夜など取引が沢山行われている時はなかなか着金しません。

ビットコインネットワークが渋滞しているからです。

これにより不都合が沢山でていました。

この延滞を早くす為には送金手数料を高くする必要があります。

安い手数料だと着金するまでに数日かかる事もありますので、最近では送金手数料がどんどん高騰しているという実態がありました。

そこでなんとかしないといけないねと言う話合いが色々なところで行われていたのですが、元々ビットコインには管理している会社は発行している会社はありません。

そこが良いところでもあるのですが、今回のような問題が出た時には責任の所在があいまいなのと、多数決になるので全くまとまりませんでした。

ビットコインの開発に関わっているチームを「コア開発者側」といい、承認作業をしている会社や人を「マイナー側」といいます。

そして大規模にマイニングをしているのはジハンと言う人間を中心とした中国のマイナーグループです。

このマイナーグループが曲者なのです。

このグループは自分達の利権を守るために恐喝のようなことをしてコア側を脅していた訳です。

その為に色々と揉めていたのですが、結局はコア側が中国マイナーの意見を取り入れなかったので中国マイナーが、「だったら自分達でコインを作ってやる!」となりました。

この中国マイナーは大人気ない行動をしているのであちらこちらで叩かれています。

そしてその中国マイナーが新規に作るのが「ビットコインキャッシュ」と言うコインです。

このビットコインキャッシュはあたかもビットコインの仲間のように見えますが、実は全く関係ありません。

イーサリアムとイーサリアムクラッシクは実際に分裂して出来たコインなので関係はありますが、ビットコインキャッシュはただ単に中国マイナー側が命名しただけです。

なぜビットコインキャッシュもついてくるのか?

ではどうしてビットコインを持っている人間にはビットコインキャッシュもついてくるのか?と言う事をお話します。

元々ビットコインは中国マイナーが関わっていた部分もあるのでもらえる訳ですが、2017年7月23日の18時現在では日本の取引所でもらえるのはコインチェックだけとなっています。

ですので、ビットコインキャッシュがタダでもらえるならもらっておこうかなと言う場合はコインチェックで買うともらえます。

今もしあなたがウォレットの中にビットコインを入れている場合もコインチェックに入れておけばもらえます。

ただしコインチェックは現在ビットコインの入出金を停止しているので無理かもしれませんね。

コインチェックでは以下の状態の人にはビットコインキャッシュを付与すると言っています。

・現物のビットコインを保有している
・「レバレッジ取引」でロングポジションを持っている
・「貸仮想通貨サービス」にてビットコインを貸し出している

現物以外は借り物ですから分裂後にビットコインキャッシュをもらってもビットコイン同様、どこかのタイミングではビットコインキャッシュも返金する必要があります。

ビットコインを借りて取引している場合はビットコインキャッシュも借りている事になるよという事ですね。