小川です。

昨日から暴落が始まっていますね。

私は暴落が始まる前に信用売りで20BTCも入れて閉まったのでかなりの含み損が出ています。

しかしそれとは別に暴落を待ち構えていたので10BTCぐらいを結構安く買えました。

さて、本日はライトコインと言う仮想通貨の話です。

ビットコインを金貨としたらライトコインは銀貨と言われています。

あまり表に出てこないライトコインですが、時価総額7位のそこそこ人気コインなのでライトコインの話をします。

ライトコインとは?

まずはライトコインとはどういうコインなのかを解説します。

ライトコインは2011年の10月に誕生しています。

ビットコイン同様発行制限があり、ライトコインの場合は8400万枚となっています。

現在時価総額1790億円です。

ライトコインのメインの使われ方は「決済用」です。しかしビットコインほど流通していませんので、現在はライトコインが使えるお店はほとんどありません。

ライトコインはビットコインと同様、管理する会社や団体はありませんので、中央管理の仮想通貨ではありません。

ライトコインの将来性は?

ライトコインもビットコインのように送金する際にトランザクションの承認という作業がかかります。

現在ビットコインでは着金するのに平均10分と言われています。

早い時はもっと早いし、遅い時は2日ぐらいしないと着金しない時もありますが、平均して10分と言われています。

ライトコインの場合は平均3分です。

したがって早い時は即効着金します。

ビットコインも見習って欲しいぐらいですね。

まぁ着金が早いというのはあまり使われていないのでネットワークの負担が少ないからと言うのがあります。

ライトコインもどんどん使われるようになってくれば遅くなる場合もあります。

とは言えビットコインは発行制限2100万枚に対して10分ですが、ライトコインは8400万枚に対して3分ですからかなり早いです。

したがって今後取引が多くなってきても不便は感じないのでは?と思います。

送金が早いということは金融機関が目をつける可能性があります。

リップルなどが良い例ですね。

ですので今後はまだまだ伸びてくるのではと思われます。

ライトコインの現在の動きは?

ライトコインはビットコインよりも先にアップデートがありました。

2017年の4月にセグウィットがロックインされてアクティベートしました。

ライトコインにはビットコインと違って明確な開発者がいます。

チャーリー・リーと言う人ですが、チャーリーは元々ビットコインの企業であるコインベースに勤めていて、チーフエンジニアだった人物です。

このチャーリーがコインベースをやめてライトコインの開発に専念すると言う事で出来たコインです。

仮想通貨の人気はこのように誰が参加しているのか?誰が作っているのか?と言うのが大きなウェイトを占めます。

ライトコインの場合は元々ビットコインにかかわっていたチーフエンジニアが開発しているので人気があるのも当然ですね。

そしてチャーリーはいち早くセグウィットを意識していましたので早々に導入しました。

そしてライトコインは数年間フルタイムデベロッパーが不在でしたが、、UASFを提案した人物がフルタイムデベロッパーとして、ライトコインに加わり強固なチームが出来上がりました。

現在何かと物議をかもし出している中国マイナーですが、7月1日に、マイニング製品を会社の主催で、ライトコインミートアップが開催されるなど活発な動きを見せています。

さらに最近ではライトコインを新規上場させる取引所が増加してきました。

日本ではビットフライヤー、海外では有名なビットスタンプなどなど大手取引所がどんどん扱っています。

ハードウェアウォレットで人気のトレザーもライトコインが扱えるようになったりと現在ライトコインには追い風が吹いている状況です。

ライトコインの問題点

ライトコインは現在良いニュースが多いのですが、悪いニュースが無い訳ではありません。

現在ライトコインの問題点としてはマイニングにハッシュレート分布が問題となっています。

分散型志向で運用されているブロックチェーンではこれは大きな問題です。

BTCCが最近ライトコインのマイニングプールを新しく作りましたが、以前ハッシュレートはF2プールが独占している状態です。

ひとつのマイナーがハッシュレートを独占しているとなるとそれは危険です。

これを解決していくのが今後のライトコインの大きな課題です。

ライトコインのATM誕生!

ビットコインは世界中にATMがありますが、先日とうとうライトコインでもATMが出来ました。

まだカナダのトロントだけにしかありませんが、素晴らしい事ですね。

ATMですので、ライトコインの入出金はもちろんの事、カナダドルにもする事ができますので、ライトコインの売買を行う事もできます。

トロントのライトコインATMは元々ビットコインATMだったのをバージョンアップしてライトコインも使えるようにしたそうです。

ですので、ATMの仕様変更さえすれば今のビットコインATMがライトコインATMになると言う事ですね。

これなら現在世界中にあるビットコインATMもライトコインATMにすぐに変更できてライトコインを使える場所がどんどん増えていくでしょう。

このようにライトコインは若干問題があるとは言え、今後も伸びていくコインです。