小川です。

先日まで暴落していたビットコインですが、一転して40万円台を突破しました。

もう大分なれましたが、しかしビットコインはボラティリティが激しいですね~

これは中国の取引所が9月30日にで閉鎖の予定だったのが、10月31日にまで延長されたのでまた買い戻しに急いだ中国人の影響と言われています。

これでもう暴落は無いと思っていたら大間違いです。

結局は10月31日には閉鎖される訳ですから、10月中旬までにはもう一度同じクラスの暴落があります。

しかも今回は11月にまたビットコインの分裂騒動があるので世界中で資金避難が起こります。

資金避難とは一旦手持ちの通貨を円に買えたり、他のコインにしたりという流れですが、今までの流れを見ていると恐らく全ての通貨がダウンすると思われます。

即ち一旦みんなフィアットにするって事ですね。

暴落が始まるとただただ見ているのでは勿体ないです。

投資で稼いでいる人のほとんどは暴落時をチャンスと見ています。

仮想通貨は特にその警告が大きく、もうあなたも何度も体験されていると思いますが、暴落しても数日あればまた元に戻りますよね?

要はそれを信じて暴落時に仕込めるか?って事です。

私は取引所にある程度まとまった円を入れておいて暴落したらすぐに現物買いをするようにしています。

こつこつと安値で買い貯めていくのです。

金額が戻ったらそれを売ってもいいのですが、私は基本的にビットコインの価値は50万ぐらいと思っているので50万になるまでは利食いしません。

50万円になってもお金が必要にならないのであればそのままです。

なぜならばもっともっと仮想通貨の市場は伸びていくと思っているからです。

最悪の場合そこまで伸びなくても元々底値で買っているので損はしませんし、損したとしてもしれています。

実際先日の暴落の際に平均34万円ぐらいで7BTCを購入しましたが、その後40万円台に戻っているので42万円ほど利益が出ています。

このように暴落時にはお買い得チャンスが起こります。

ビットコインだけでなく他の通貨でも同じ事ですので、今手持ちのコインがあるのであれば買い増しをすると後々儲かると言うことです。

しかしここで気をつけないといけないのは「信用取引」はやめておいた方が良いと言うことです。

暴落時、暴騰時は何が起こるかわかりません。

誰かのツイートひとつで上がったり下がったりするので信用取引をしていると大勝ちする場合もありますが、大負けする場合もあります。

現物ならガンと下がってしまっても購入時の金額以外の損失はありませんが、信用取引の場合は損失が膨らむので注意が必要です。

パソコンの前に張り付いていられるのであれば稼ぎ時なので別ですが。

暴落時はチャンス!

これを頭に入れておきましょう!