小川です。

今回からしばらくは「マイニング」について書いていきたいとおもいます。

ビットコイン

仮想通貨を売買しているのであれば一度は聞いた事があると思うのが「マイニング」です。

ビットコインに限らず、仮想通貨はどれもブロックチェーンと言う技術を用いていて、全ての取引をこのブロックチェーンに書き込んでいきます。

言ってみれば通帳のようなものです。

普通の通帳は誰から入金があり、誰に振込みしたとかATMでいくらおろしたとかって内容が書かれていますが、銀行側はもう少し詳しい情報を持っています。

誰がどこの銀行のどのATMから何時に入金したのか?あなたが日本のどこのATMでいくら出金したのか?といった詳しい内容ですね。

そして振込みをする場合は相手の銀行に実際にその口座が存在するのか?凍結されていないか?と言った事も分かるし、金融事故を過去に起こしていないか?と言う事も分かります。

仮想通貨の送金や入金も同じです。

その情報が銀行のような金融機関ではなく、「マイナー」と呼ばれる人達によって書き込みされています。

金融機関の場合は巨大なホストコンピューターがその役割をしている訳ですが、仮想通貨の場合はその承認作業を手伝ってくれる有志に費用を払ってお願いしています。

そしてその作業に参加するには誰でも参加が可能です。

参加してくれた人で実際に承認作業をしてくれた人には報酬が発生しますが、早いもの勝ちとなっているので、計算途中に他のマイナーが承認作業を終えてしまったら最初からまた違う承認作業をするしかありません。

このスピードは個々のマイナーが保有する機器の計算速度によって左右されるので高性能な計算処理マシンが必要となります。

承認作業をするとお金がもらえるので昔の金の採掘にかけて「マイニング(採掘)」と呼ばれていて、ビットコインを掘っているとか昨日はたくさんイーサリアムが掘れたと言うような言い回しをします。

マイニングはこういった送金間の処理を行うのですが、それ以外に新規に通貨を作る(掘る)仕事もあります。

AさんからBさんへ送金するだけであれば既存のコインが動いただけですが、Aさんが新しくビットコインを2BTCとか購入したい場合は誰かがそのコインを用意する必要があります。

それを用意するのがマイナーの役割です。

流れとしてはこういう感じです。

マイナーがたくさんコインを掘る。

そのコインを現金化する為に取引所に持ち込む。

購入希望の人はその取引所から買う。

言ってみれば農家の人がJAに野菜や米を買い取ってもらうような感じです。

しかしこのマイニングも無限に出来る訳ではなく、発行上限の決まっている通貨がほとんどです。

ビットコインであれば2140年に2100万BTCと決められています。

したがってそれ以上はビットコインは掘れない訳です。

となると残数が減るので今度は掘りにくくなってきます。

掘りにくくなるというのはマイニングの際にある問題のようなものを出されれるのですが、それが時間内に回答できたら報酬がもらえます。

その問題(ディフカルティといいます)がどんどん難しくなって計算に時間がかかります。

したがってより高性能な処理マシンがないとマイニングできないようになっています。

最初はコインがたくさん埋まっているので良いのですが、だんだん少なくなってくると見つけにくくなっているという事ですね。

発行上限を設けないといくらでもお金が作れる訳ですから価値がなくなってしまいます。

ですので上限が設けられていると言う事です。

では次回はそのマイニングを実際にやるにはどうやっていけば良いのか?と言うのを解説していきたいと思います。