小川です。

ビットコインがずっと54万円台をキープしていますね~

10月25日にビットコインゴールドとの分裂が控えていますから、ビットコインキャッシュの時のようにボーナスコインをもらいたい人たちが購入して上がっていると思われます。

さて本日は来月11月に行われるかも?と言われているもうひとつの分裂騒動、「Segwit2x」に関してです。

Segwit2xは今のビットコインにどんな影響を与えるのか?

まずはSegwit2xって何?と言う説明をしますね。

簡単に言ってしまうと今のビットコインに比べて処理されるデーターの量を2倍にして処理速度をあげる事が出来るという事です。

それって良い事じゃないの?

そう思いますよね。確かにそうなんですが、大きな問題がひとつあるのです。

それはこれ。

ハッキングされる可能性が非常に高い

リプレイ攻撃と呼ばれるハッカーがコインを盗む手法があるのですが、それに弱くなります。

盗られやすいと言う事はそのコインの信頼性が無くなりますよね?

なのでビットコインの価値が下がってしまうので分裂はやめた方が良いという意見があります。

しかしながら今回の分裂はマイナーの90%が賛成しているので、賛否両論と言うところですね。

Segwit2xが導入されそうな場合の対策

ハッキングに弱くなる訳ですが、ハッキングされると決まった訳ではありません。

かといって何もしないでいる訳にはいきませんし、ビットコインに限らずお金と言うものは盗られないように色々対策するのが普通です。

自宅には大金を置かないようにしたり、通帳とはんこは別々に保管したりとやる事がありますよね。

そんな風にビットコインに対してもやれる事があります。

1・ネットウォレットからの仮想通貨移動はしばらくしない
2・取引所から出しておく
3・ハードウォレット、またはペーパーウォレットにする

世界中の取引所がハッカーの対象になりますから取引所にコインを入れておくのは非常に危険です。

同じくネット上で利用できるウォレットサービスを使っている場合も同じです。

トレザーのようなハードウェアウォレットに移すか、紙に印刷するペーパーウォレットにして自宅の金庫に保管するとかした方がいいです。

これは今回分裂に限らず普段からしておいた方が良いです。

財布に全財産を入れている人がそうそう居ないようにひとまず必要のないコインは移しておいた方が無難です。

分裂騒動が無くても北朝鮮が取引所をハッキングしたりしていますし、ハッカーにしてみればこれほど稼げる環境はありませんので。

 

今後のビットコインはどうなる?

現在ビットコインはビットコインゴールドの影響や北朝鮮とアメリカとのミサイル問題なども影響して上がっています。

しかし仮想通貨には毎度の事ですが、上がりすぎると今度はジェットコースターのような暴落があります。

何も無くても仕手をしている連中もいますから今までの流れを見ても数ヶ月に一度は暴落、暴騰はおきていますね。

Segwit2xの導入自体はビットコインに対しては良い話です。

しかし副作用がちょっとねと言うところですので、導入してしばらくしてその辺のセキュリティも解決されれば一時的に暴落してもまた元の水準ぐらいには戻ってくるかと思います。

日本人のビットコインの取引量が68%近くにまで上がってきたそうです。

日本人は心配性ですから何かマイナスのニュースが出ただけでも売りが殺到しますし、良い噂が出れば買いが殺到します。

そしてそれを見た海外勢が参入してまた相場が荒れるというのがビットコイン相場では常識です。

ですので上がる下がるという予想はあまり意味の無い事なのですが、全体的に見てビットコインゴールドが付与されるまでは上がっていくのでは?というのが私の考えです。

と言ってもビットコインキャッシュの時の時のように各取引所がビットコインゴールドを扱うとはまだ一言も言っていないのですけどね。

たぶんまた扱うだろうというだけで買いが殺到して値段が上がっているというのが日本人らしいところだなと思います。

ではまた。