小川です。

早いもので今年も残すところあと1ヶ月となりました。

今年は仮想通貨が大いに盛り上がった年でしたね。

さて今日は2017年も残すところあと僅かですが、この12月には重要なイベントが目白押しですので、それをお伝えしておきますね。

仮想通貨で稼ぐには「情報戦」ですから、いつどんな情報を早く知っておくかに限ります。

12月に予定されているイベント

・12月7月 ビットコインキャッシュが業界最大手のビットスタンプに上場

・12月12日 イーサリアムクラッシックのハードフォーク

・12月17日 スーパービットコインの誕生

・12月18日 CMEでビットコインの取り扱い開始

12月はこの4つが重要かと思います。

なかでもイーサリアムクラッシックのハードフォークはアルトコインファンには久しぶりの上昇が期待できるのではないでしょうか。

これ以外にも最近では金融庁が仮想通貨交換業者を4社登録しました。

今回の4社はこちら。
株式会社東京ビットコイン取引所
株式会社ビットアルゴ取引所東京
エフ・ティ・ティ株式会社
株式会社Xtheta

いまだにコインチェックが入っていません。

どーなっているんでしょうね~

ちなみに知人を通じてコインチェックってどうなっているの?と聞いたら登録する仮想通貨が多すぎて登録処理に時間がかかっているという事でした。

ほとんどの取引所はビットコインのみの取り扱いと言うところが多いのですぐに登録されるのですが、コインチェックはたくさんの通貨を扱っているので、時間がかかるようですね。

コインチェックは海外進出も視野に入れていますから同時進行となり遅くなっているのかもしれません。

ビットコインFXではビットフライヤーの取引量が一番多いようですが、現物取引ではコインチェックの方が多いのでは?と私は見ています。

コインチェックはアプリも使いやすいのでユーザーをどんどん獲得しています。

一方ビットフライヤーは玄人向けと言うか、高機能チャートが災いして初心者を取り込めていないみたいですね。

スーパービットコインとは?

またまた新しいビットコインができるという事で注目されているのが「スーパービットコイン」です。

今回のこのスーパービットコインは以下の特徴を持っています。

・スマートコントラクト対応

・ライトニングネットワーク

・ゼロ知識証明

・ブロック拡張

といっても実際問題稼げればなんでも良いという人が大半なので、最近はあまり仕様は注目されなくなってきましたね。

いつものようにある時間帯にビットコインを持っていれば分裂後に付与されると言うお決まりのパターンです。

もうすっかりユーザーは恐れもなく分裂に対応すると思います。

 

こうなってくると下手にトレードせずにビットコインの現物をずっと持っていれば勝手に分裂していって通貨は増えるし、ビットコインキャッシュのように分裂した通貨が今度は分裂すると言う事でどんどん資産が増えていきます。

 

分裂した通貨に価値が出なくてもビットコイン自体はどんどん上がっていますから何もする必要はありません。

これが実は一番賢く、手堅い稼ぎ方だと言うのは誰しも分かっているんですが、退屈なんですよね~(笑)

 

なのでついついギャンブルのような事をしてしまう。

 

日本人は特にこういう性質を持っています。

もともと現物で持っていたビットコインを売ってトレード資金を作ったのはいいけど、トレードで全部無くなってしまったと言う人が私の周りにはかなり多くいます。

 

その人たちの口癖がこれです。

 

「あーあの時売らずに持っておけば今頃儲かっていたのにな~・・」

 

みーんな言っていますね(笑)

これはビットコインが上がっているからそう思いますが、もし何かの原因でぜんぜん価値が無くなり、1ビットコイン10万とか20万になっていた可能性もある訳です。

その場合は、

 

「あーあの時売って良かった~でないと今頃大損していた・・」

 

ビットコインでも株でも同じ事ですが、投資はほんと自己責任だな~と思います。