小川です。

いつも購読有難うございます。

今日のテーマは、ビットコインの売買で
私が一番何を意識しているかを書いておきます。

基本的に私は、ビットコインの指値注文の
売買で損をした事がありません。

価格の下落で焦って売る事もありません。

 

しかし、負ける人というのは、常に
数字だけを見て感情的に、怖いとか、やばいと感じて
売りにだしたり あたふたする人です。

 

ビットコインの売買で最も私が最初に学んだ事。

 

まず、私の教材でも解説していますが、
ビットコインマスタークラブ

値段の動きは、買い注文が増える、
売り注文が増えたりする事で変動します。

ただ、これだけではなく、
なぜ増えるのか、なぜ減るのかなど
原理をしっかり知る必要があるのです。

しっかり理解できれば冷静に売買するだけで
短期売買は、勝ち続けられると 今までの経験から
私は自信を持っています。

 

その自信と実力を身に付ける事ができたのは、
常に買い板売り板を見続ける事です。

 

 

売買に参加する前に、あらゆる流れを見る事です。

まず、温度を確かめずに お風呂に入ります?

もしもその風呂が、水かもしれませんし、沸騰間際かもしれませんし
適温かもしれません。

しかし、何も考えず、飛び込びませんよね?

それと同じです。

 

どういう時に落ちているのか?
どういう時に安定しているのか?
どういう時に上がっているのか?

 

とにかくビットコインの注文量や注文価格も
チェックしながら

「今購入していれば、どうなっていただろうか」と
考えるのです。

 

ルールを決めて買値注文+500円でホールドすると
目的も持たせて、見ていると、成功した失敗したという
2つに一つの結果になりますが、伸びたらその理由、
落ちたらその理由を考えながら 何度も繰り返すのです。

 

何度も何度も繰り返して、
売り板買い板をしっかり見ておくと
落ちる、上がるという予測や、購入タイミングが
分かるようになってきます。

 

こういう時は、買うべきではない。
こういう時は、買うべきだ。

 

という 基準、感覚を身に付ける事によって
勝率は、確実に高くなってくるものなのです。

 

ビットコインのレートが高まる時と下がる時の動きを知る。

 

買い板売り板を眺めていると、とにかく感触的に
売りに勢いがある、買いに勢いがある、
そしてこれは、誰かが価格操作をしようとしているような
動きも見る事ができますので、その際の
価格の動き方や、他ユーザーの注文の変化など
あらゆる角度で見ていくと、少し板を見れば
ある程度の予測も把握できるようになる筈です。

 

人間の心理、そして売買の判断というものは、
全員違いますが、

取り組んでいる事が同じ。
見ている状況や数字の情報は、みんな同じです。

 

つまりコインビットのユーザーが変わっても、
行動や判断にも一定割合の共通点も出てくるのです。

 

買い板売り板を掘り下げてみていくと、直感的に
売買の判断基準が直感的にできるように身についてきます。

そして売りが強い、買いが強いという事も
買い板を見ていれば分かるようになって、
まだ上がるだろう、
もう下がり始めるだろう
という事が分かるようになるのです。

 

もちろん予測が100%でないにしても、
一定の割合の上限から下であれば
判断ミスで落ちていったとしても、
感情的になって売りに出さず、プールしておけば
負ける事が無いのです。

 

少なくても、売買の動きを分析している人と
数字と感情だけで判断する人とでは、
明らかに大きな差が開くのです。

 

だからもしもビットコイン
短期売買で稼ごうと考えているなら、
買い板売り板をしっかり見て動きを
分析する事です。

 

売買は、24時間いつでも行えるのですから
何も焦って飛び込む必要は、無いのです。

 

それでは、小川でした。